格安SIM

格安SIM

スマートフォンなどの通信費を安く抑えることの出来る格安SIM
安くなったとしても品質も心配・・・
そもそも格安SIMってなんのこと?

ファンキーストア > 格安SIM

格安SIM

スマートフォンなどの携帯端末は今までは大手の通信企業での契約でしか利用することが出来ませんでした。各端末に指定の通信企業以外での利用ができないようにロックされていたのです。
これを「SIMロック」といい、端末内に搭載されている各通信企業のSIMカード(番号などの登録情報のデータが入っているマイクロカード)以外は利用できないように制限がされていました。

しかし、これは利用者の利便性を著しく阻害するものであるとして、2015年5月にSIMロック解除が義務付けられました。
これにより、ユーザーは自由に携帯端末の通信企業を選択できるようになったのです。

通信にかかる費用というのは各企業で様々です。
このSIMロック解除により、より安い通信企業へ乗り換えることが可能になりました。
その中でも大幅に値下げを行っている通信企業のSIMカードのことを「格安SIM」と呼びます。

ではどこのSIMカードを選択するのが一番お得なのでしょうか?

格安SIM 比較

この格安SIMのサービスを提供している企業というのは、現在ある大手の通信企業の回線を借りることで成り立っています。こういった借りた回線を使ってSIMを利用できるようにしているサービスを「MVNO」と呼びます。
値段が安いからといって他社と比較して通信エリアが狭いとか品質が問題であるというようなことはこういったことからあまり気にする必要はありません。

そのため比較すべきは通信データ量と値段でしょう!
値段を下げれば通信データ量も下がるでしょうしデータ量を確保したければ値段も比較して上がります。

自分の利用するデータ量を決めてから、その中で料金の安い格安SIMを選択するのがいいでしょう。

格安SIM 速度

格安SIMは大手の通信回線を借りているため、本当であれば通信速度の差はあまりないと考えられます。
しかし、ここには落とし穴があります。

通信速度というのはそこのエリアで利用している人が多ければ多いほど一人当たりの通信速度は低下してしまいます。最大通信料というのがエリアごとに決まっており、仮にそのエリアで一人しか利用していない場合は理論上の最大速度が出せます。しかし、利用しているのは一人ではありません。数百から数千という人が同じ回線を利用します。

そのため、人気の高い格安SIMカードを利用している人が多ければ多いほど理論的な通信速度は遅くなってしまいます。また、時間帯によっても利用者数は変化します。
これは実際に利用してみないとわからないこともあるので注意が必要です。

格安SIM トップへ戻る