英語

英語

英語をぺらぺら話せる。
日本人であるからこそ英語を話せるって憧れます。
仕事でスキルアップに必要だから・・・など
英語を学びたい人は多いです。どのように学べばいいでしょうか。

英語 勉強法

日本語と英語は文法などが全然違うから日本人は英語を習得することが苦手な民族である。と言われていますが本当にそうなのでしょうか?

まず、日本人の英語の勉強法は「話せるようになる」英語ではなく「読めて書ける英語」が多いです。
中学生になって初めて英語を習う人も多いですが、英語で会話することを学ぶのではなく、机に向かって英単語を覚え、文章をばらばらにして要素を考えてから日本語に直して組みなおす。
こういった勉強法を教えられます。

「読み書きの英語」と「会話など話せる英語」

どちらかによって英語の勉強法は違うのです。
あなたはどちらを習得したいと思っていますか?

英語 勉強法 初心者

英語を勉強しようと思っても初心者であれば何をどのように勉強すればいいかわからないことが多いです。
上記でお話したように英語の勉強法は目的によって選び方が違ってきます。

学生時代に勉強したのはほとんどが「読み書きの英語」の勉強法です。
しかし、多くの人が学びたいと思っているのは「会話など話せる英語」なのです。

話せる英語を習得したいのに、自分が習ってきたのは読み書き英語なので初心者は勉強しようと思うとどうしても昔の勉強法をなぞってしまいます。

英語を習得しようと決心したならば、正しい英語の勉強法を根気よく続けることが必要になってきます。



ではどのように正しい勉強法を選べばいいのでしょうか?

英語の上達法などといった具合に、英語の勉強法をレクチャーしてくれる塾・スクール・予備校・教材・ノウハウ本など、巷には情報があふれかえっています。
そういった情報の多さも、結局どれを選べばいいかわからないといった混乱を引き起こすことにもつながっていると思います。

そんな中でおすすめできるたった30日で英語脳を育成し友達に差をつける最新英語上達法

英語 勉強法 社会人

英語は社会人になってしまうと時間がなくなって勉強することが出来なくなってしまう。そう考えてはいませんか?
確かに、学生の時と違い社会人になると勉強する時間を確保するのが難しくなってしまうことが多いのは事実です。

では、時間がないにもかかわらず英語を勉強しようと思うのはどうしてですか?

仕事で使うから。
海外で仕事がしたいから。
転職に役に立つから。
かっこいいから。
話せる人の幅が広がるから。

など、様々な理由があると思います。

英語を学びたいと思った理由を考え、その理由に合った勉強法を選ぶと良いでしょう。

英語が上達しない?10人中9人は学習法が間違っています!
英語 トップへ戻る